特定保健指導

 

3nengo

 
特定非営利活動法人日本成人病予防協会では2008年度4月から医療保険者に義務化される、「特定健診・保健指導」についてのご相談を承ります。

特定保健指導・国保ヘルスアップ事業実施サポートサービスでは、当協会が20年間培ったノウハウと実績を活かし、自治体様、企業様に合わせた「メタボリックシンドローム予防」を中心としたオーダーメイドのサービスを提供いたします。

 

 

tokuteititle

メタボリックシンドロームとは

現在メタボリックシンドローム及びその予備軍を合わせると1,960万人と言われています。成人男性では2人に1人、女性では5人に1人の計算です。
内臓肥満は必修で、脂質異常症、高血圧、高血糖の3つのうち2つに当てはまってしまう方をメタボリックシンドロームと認定されます。
メタボリックシンドロームを放置すると多くの方が動脈硬化を引き起こし、心疾患や脳血管疾患といった命に関わる病気に移行するといわれています。
 
代謝機能の不調
 
メタボリックシンドロームの診断基準
 
自治体や、企業でも「メタボリックシンドローム」の解消及び予防が急務であり、2008年度より医療保険者に義務付けられる「特定健診・特定保健指導」が大変注目されています。

 

特定保健指導・国保ヘルスアップ事業実施サポートサービスの特徴

当協会における特定保健指導・国保ヘルスアップ事業実施サポートサービスの特徴は、
  1. 自治体・企業様の状況に合わせたオーダーメイドサービスの提供
  2. 20年間のノウハウ、活動実績を基にしたサービスの提供
  3. 結果を出すためのきめ細かいサポート
  4. 他社には無いオプションを用意
  5. 非営利法人としての料金体系

「特定保健指導・国保ヘルスアップ事業」にご興味をお持ちの自治体様、企業様、
ぜひ一度ご相談ください。

特定保健指導・国保ヘルスアップ事業サービスの5つの特徴

 

特定保健指導・国保ヘルスアップ事業実施サポート内容

 
 

 ※詳細内容は、クリックしてご確認ください。

 

btn_toiawase_tokuteikanrishidou

 

fptop00fptop
健康管理情報 生活習慣病の予防 メンタルヘルス 健康メール相談 特定保健指導

日本成人病予防協会 〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-5-5 日本医協第2ビル TEL:03-3661-0175
> サイトマップ  > ホームページご利用にあたってのお願い  > プライバシーポリシー     Copyright© 2017 Japanese Association of Preventive Medicine for Adult Disease. All Rights Reserved.