肝臓病

生活習慣病の予防に戻る

肝臓病について説明いたします。

navibg1 会員専用コンテンツ(ログインが必要です)

肝臓病とは

肝臓病とは肝臓病とは、肝臓の組織に炎症が起こり、赤く腫れて熱を持った状態のことをいいます。

働き者で、我慢強い肝臓は、ダメージを受けても働き続けてしまうので、炎症が起こっていることに気付きにくいという特徴があります。

肝臓病にはさまざまな種類がありますが、日本で最も多いのは肝炎ウイルスに感染して起こるウイルス性肝炎です。

 

生活習慣病の予防に戻る

 

 

fptop00fptop
健康管理情報 生活習慣病の予防 メンタルヘルス 健康メール相談 特定保健指導

日本成人病予防協会 〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-5-5 日本医協第2ビル TEL:03-3661-0175
> サイトマップ  > ホームページご利用にあたってのお願い  > プライバシーポリシー     Copyright© 2019 Japanese Association of Preventive Medicine for Adult Disease. All Rights Reserved.