肝臓がん

生活習慣病の予防に戻る

肝臓がんについて説明いたします。

navibg1 会員専用コンテンツ(ログインが必要です)

肝臓がん(肝がん)とは

肝臓には主に3つの働きがあります。
肝臓のはたらき

 

(1)食物をエネルギーなどに変える「代謝」

胃で消化された食べものは・・・

 ↓
小腸で以下の形で吸収される
  • タンパク質→アミノ酸
  • 糖質→ブドウ糖
  • 脂質→脂肪酸など
    ↓
血流に乗って肝臓へ行き、肝臓にて以下のような代謝(栄養を体に必要な物質やエネルギーに変えること)が行われる。
  • アミノ酸から体に必要な各種タンパク質を合成し、脂肪と共に血液に送り出す。(不要になったアミノ酸はアンモニアに分解され、尿素に作り変えられて腎臓や腸管を経て排泄。)
  • ブドウ糖を肝臓に貯蔵しやすい「グリコーゲン」という形にして、必要な際にブドウ糖に再合成し血液に送り出す。
  • 脂肪酸の一部は中性脂肪に変えられて貯蔵。残りはタンパク質の一種と結びついて血液に送り出される。

 

(2)毒物の分解「解毒」

体にとって有害な物質である薬剤やアルコールなどは、肝臓で無害な物質に作り変えられます。これを「解毒」といいます。

 

(3)不要なものを体外に出す「排泄」

肝臓では体にとって不要になったものを原料に胆汁を合成し、これを分泌し、十二指腸まで流します。こうすることで不要物を「排泄」します。

 

肝臓がんについて      

 

肝臓がんは、肝臓から発生した「原発性肝臓がん」と、肝臓以外の臓器や組織から転移してきた「転移性肝臓がん」とに分けられます。

-肝臓がんの内訳-
i_kan_graph01

 

原発性肝臓がんの内訳-
原発性肝がんの内訳

 

(胆管細胞がんとは、肝臓内に存在する胆汁を輸送する管=肝内胆管に発生するがんです。)

原発性肝臓がんのうち95%が肝細胞がんです。日本においては50~60代の男性の発生率が高いのが特徴です。近年では男性で減少、女性で横ばい傾向にあります。

 

生活習慣病の予防に戻る

 

 

fptop00fptop
健康管理情報 生活習慣病の予防 メンタルヘルス 健康メール相談 特定保健指導

日本成人病予防協会 〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-5-5 日本医協第2ビル TEL:03-3661-0175
> サイトマップ  > ホームページご利用にあたってのお願い  > プライバシーポリシー     Copyright© 2019 Japanese Association of Preventive Medicine for Adult Disease. All Rights Reserved.