前立腺がん

生活習慣病の予防に戻る

前立腺がんについて説明いたします。

navibg1 会員専用コンテンツ(ログインが必要です)

前立腺がんとは

前立腺は男性にだけあり、精液の一部をつくる臓器です。前立腺は恥骨の裏側に位置し、栗の実のような形をしています。この前立腺にがんが発生する病気が前立腺がんです。がんは前立腺の細胞が正常の細胞増殖機能を失い、無秩序に自己増殖することにより発生し、よく転移する臓器としてリンパ節と骨が挙げられます。
-前立腺の構造-
前立腺の構造
前立腺がんは、アメリカではすでに10年ほど前から肺がんを抜いて、男性が罹うがんの中で発生率第一位となっています。欧米と比べると日本はまだ前立腺がんの患者数が少ないのですが、最近は急激な勢いで患者数が増えており、日本でも同じ道をたどるのは明らかであると考えられています。

 

その理由の第一位は、「高齢人口の急増」が挙げられます。前立腺がんは患者さんの約90%が60歳以上の人で占められていることから高齢者のがんとわれています。今、日本は高齢社会へと突入しており、対象となる人が今後ますます増えることは明らかです。

第二位の理由としては、「日本人の食生活が動物性脂肪、動物性タンパクの多い欧米型に変わってきていること」が挙げられます。動物性脂肪を多く摂取しているのに、緑黄色野菜が摂取する割合がどんどん少なくなっていることなどが前立腺がんの危険因子として考えられています。

最後に挙げられる理由は、「前立腺がんが発見しやすくなった」ということです。以前は前立腺がんを発見するためには直腸診を行わなければならず、恥ずかしさに検査を受けない人が多く早期発見が難しかったのです。しかし近年は「PSA検査」と呼ばれる検査方法が開発され、かなり早期から前立腺がんを発見することができるようになりました。

 

生活習慣病の予防に戻る

 

 

fptop00fptop
健康管理情報 生活習慣病の予防 メンタルヘルス 健康メール相談 特定保健指導

日本成人病予防協会 〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-5-5 日本医協第2ビル TEL:03-3661-0175
> サイトマップ  > ホームページご利用にあたってのお願い  > プライバシーポリシー     Copyright© 2019 Japanese Association of Preventive Medicine for Adult Disease. All Rights Reserved.