TOPICS NAVI    健康管理情報    生活習慣病の予防    メンタルヘルスとは    健康メール相談    リンク    協会の最新情報    HOME

健全な食生活の実現に向けて 食育活動

 「第5回親子で楽しく食育体験」において健康管理士一般指導員の
  下野延子さんがエプロンシアターの講師を務めました!
タイトルの右大
写真
「第5回親子で楽しく食育体験」〜おコメ倉庫探検隊〜が
平成20年8月23日(土)・24日(日)に開催されました。

場所:

農林水産省 関東農政局 東京農政事務所 深川政府倉庫
(東京都江東区塩浜1-2-10)

主催: 東京農政事務所、東京食育推進ネットワーク
共催: 東京都
協力: 「早寝早起き朝ごはん」全国協議会、江東区塩浜一丁目町会
写真

このイベントは、我が国の食料自給率向上や米の備蓄制度等の重要性への理解を深めていただくとともに、広く「食」について考えるきっかけとしていただくための食育イベントで、
今年は「食育は実践から」というテーマで開催されました。
当日は、深川政府倉庫(政府備蓄米の保管倉庫)の見学、東京食育推進ネットワーク参加者(30団体)による食育活動の紹介や体験・実践などが行われ、あいにくのお天気でしたが、2日間で約2,000名の来場者がありました。

当協会の出展内容は、@健康管理士一般指導員と一緒にからだの仕組みを知ろう〜エプロンシアター〜AからだのパズルBたべものクイズ、他にパネル展示などを行いました。

写真 写真
「エプロンシアター」の様子

今回は健康管理士一般指導員が講師となり、エプロンシアターを行うというイベントでは初の試みをしました。
幼稚園生から小学生、中学生の子ども達、保護者の方々が見に来てくれ、食べたご飯が体の中に入るとどうなるのかのお話をしました。
「みんなの体の中もこんなふうになっているんだよ。」と話すと「え〜〜〜!」とビックリしながらも新しい発見だったようで、真剣に話を聞いてくれました。 講師の「ここは何ていうところか知ってる?」という問いかけには、「知ってる!胃!」「さっきからだのパズルでやったからわかる!」など、皆元気いっぱいに答えてくれました。

写真
「からだのパズル」の様子
写真
「たべものクイズ」の様子

また、「からだのパズル」や「たべものクイズ」はみなさん積極的に参加してくれました。
体の中の臓器を初めて見たけどがんばって考えてくれたお友達や、お母さんがびっくりするほど臓器の名前を知っているお友達、また、子どもと一緒に説明に耳を傾けてくださったご両親もいました。

参加していただいた皆様には、体の仕組みについて、食事の大切さについて理解が深まった様子が伺えました。

お問合せ先
特定非営利活動法人 日本成人病予防協会
食育活動係 まで
TEL:03-3661-0175 E-mail:syokuiku@japa.org

Copyright (C) 2012 JAPANESE ASSOCIATION OF PREVENTIVE MEDICINE FOR ADULT DISEASE All Rights Reserved.