TOPICS NAVI    健康管理情報    生活習慣病の予防    メンタルヘルスとは    健康メール相談    リンク    協会の最新情報    HOME

健全な食生活の実現に向けて 食育活動

 平成21年度「早寝早起き朝ごはん」全国協議会総会にて、
 食育活動「良い子・選ぶ子・元気な子」の事例発表を行いました。
タイトルの右
平成22年3月15日(月)に開催された平成21年度「早寝早起き朝ごはん」全国協議会総会にて、当協会が取り組んでいる食育活動「良い子・選ぶ子・元気な子」の事例発表を行いました。

総会のオープニングは「早寝早起き朝ごはん」の紙芝居「よふかしおに と はやねちゃん」が上映され、「早寝早起き朝ごはん全国協議会」会長の有馬朗人氏のご挨拶がありました。
その後、キャラクターが登場し、「早寝早起き朝ごはん」全国協議会の21年度事業報告と、22年度事業計画についての発表がありました。

写真 写真
「早寝早起き朝ごはん全国協議会」会長
有馬朗人氏のご挨拶
「早寝早起き朝ごはん」のキャラクターが
登場しました。

事例発表を行ったのは2団体で、足立区と当協会の取り組みの発表が行われました。
当協会は、「子どもイキイキ食育チーム」が小学校で実施した食育授業「良い子・選ぶ子・元気な子」講演・調査研究について、専務理事の安村が発表をいたしました。
事業についての説明をしながら、実際に小学生にどのような話をしたのか、簡単な実演も行いました。

写真 写真
事例発表の様子

「子どもイキイキ食育チーム」の講演を聞く前と、聞いた後で、子どもたちの生活に変化があったかどうか調査研究を行いました。
授業を受けた子どもたちは、体の仕組みを知り、「自分でできるうんちクリニック」(チェックシート)を使ってうんちを観察することで、自分の健康状態を把握することができるということを理解しました。そして、早く寝て、早く起きて、ほどよいバランスの朝食をしっかり食べると、学校に行く前に健康なうんちが出て、元気に過ごせるということが浸透しました。その結果、朝食摂取・選食力・排便の状況が改善され、生活リズムを整えられる子どもが増えました。

22年度は、この事業を全国的に広めていけるよう活動をしていきます。 どうぞよろしくお願いいたします。

総会の最後は、アンパンマンの生みの親であり、「早寝早起き朝ごはん」のキャラクターを作られた「やなせたかし先生」によるお話で盛り上がりました。

写真

「早寝早起き朝ごはん」全国協議会では、設立されて3年が過ぎ、これまでの活動成果や活動事例をまとめた『「早寝早起き朝ごはん」国民運動3年間の歩み』が刊行されました。
当協会も「早寝早起き朝ごはん」全国協議会が設立された平成18年に加盟し、協議会の一員として「早寝早起き朝ごはん」国民運動を推進しています。今回、当協会の活動事例も掲載していただきました。
今後も積極的な活動を続けていきます。

「良い子・選ぶ子・元気な子」講演・調査研究についての詳細は、こちらをご覧ください。


お問合せ先
特定非営利活動法人 日本成人病予防協会
「子どもイキイキ食育チーム」
TEL:03-3661-0175 E-mail:syokuiku@japa.org

Copyright (C) 2012 JAPANESE ASSOCIATION OF PREVENTIVE MEDICINE FOR ADULT DISEASE All Rights Reserved.