健康管理情報

 

backnumber

 

2019年4月号 「今話題の健康ワード! ~NAFLD・NASH~」

 

新しい年度が始まり、これから健康診断を受ける方が多いのではないでしょうか。メタボや脂肪肝といわれたことはありませんか?今回は、肝臓病の一種で、近年、注目されている「NAFLD・NASH」についてご紹介します。

NAFLD・NASH

 

<NAFLDとは>

脂肪肝とは肝臓に脂肪が過剰に蓄積した状態をいいますが、脂肪肝にはアルコールを多く摂ることによって起こるアルコール性と、アルコールを多くとらないにも関わらず脂肪肝になってしまう非アルコール性があります。非アルコール性の脂肪肝を「非アルコール性脂肪性肝疾患:NAFLD(ナッフルディー)」といいます。

NAFLDはアルコール以外のメタボリックシンドロームや薬剤などさまざまな原因で起こる脂肪肝の総称です。ただし、アルコールを全く摂らないということではありません。そして、ほとんどの場合、メタボリックシンドロームも伴っているといわれています。

 

<脂肪性肝疾患の分類>

NAFLDは、ほとんど進行しない単純な脂肪肝である「非アルコール性脂肪肝:NAFL(ナッフル)」と、脂肪肝が悪化して肝硬変や肝がんを発症してしまうことがある「非アルコール性脂肪肝炎:NASH(ナッシュ)」に分類されます。

これまでは肝がんの原因のほとんどは肝炎ウィルスの感染によるものが占めていましたが、近年では、肝炎ウィルス以外の肝がんが増加傾向にあり、「NASH」の増加によるものと考えられ注目されています。

-脂肪性肝疾患の分類-
脂肪性肝疾患の分類

 

<メタボリックシンドロームが原因?!>

NAFLDは、男女ともに中年期以降になると多くなり、さらに、メタボリックシンドロームがあると発症しやすいといわれています。現在メタボリックシンドロームの人は、特にウエスト周囲の増大は要注意で、NAFLDのなかでもNASHの可能性が高くなります。

BMIが25以上、ウエスト周囲が男性85㎝以上、女性90㎝以上になっていませんか?

メタボリックシンドローム

 

<脂肪肝の症状・原因・予防>

脂肪肝は、症状がほとんどありません。脂肪肝が進行してNASHになってもかなり病気が進まないと自覚症状が出ないことがほとんどです。NASHが肝硬変まで進むと、体のだるさ、黄疸、むくみ、お腹の張りなどが現れてきます。

 

●心当たりがありますか?
  • 食べ過ぎ
  • 清涼飲料水や缶コーヒーを摂り過ぎ
  • バターなどの動物性の脂質(飽和脂肪酸)や、コーン油などのリノール酸を多く含む揚げ物や炒め物が多い
  • マーガリンやショートニングなどトランス脂肪酸を含むお菓子やパンが多い
  • ほとんど運動しない
  • 健康食品や健康ドリンクの摂り過ぎ

脂肪肝の原因

●取り入れてみましょう
  • DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸を多く含む青魚を摂りましょう
  • ビタミンE・Cの多い緑黄色野菜を摂りましょう
  • 脂肪を燃焼させる有酸素運動10分以上・・・ウーキング・ジョギング・水泳
  • 筋肉量を増やし基礎代謝も高める運動・・・ダンベルやマシンなどの筋肉トレーニング
    無理のない運動を継続して行いましょう。

脂肪肝の予防

 

来月のテーマは、「今話題の健康ワード! ~喫煙~」です。
fptop00fptop
健康管理情報 生活習慣病の予防 メンタルヘルス 健康メール相談 特定保健指導

日本成人病予防協会 〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-5-5 日本医協第2ビル TEL:03-3661-0175
> サイトマップ  > ホームページご利用にあたってのお願い  > プライバシーポリシー     Copyright© 2019 Japanese Association of Preventive Medicine for Adult Disease. All Rights Reserved.