健康管理情報

 

backnumber

 

2017年03月号 「月々の食養生 ~3月の食養生~」

3月は、啓蟄(けいちつ)と春分の二つの節気があり、寒さの中に春の気配を感じるようになります。この時期は、冬の間に代謝が落ちて「気・血・水」の巡りが遅くなったことで、体に老廃物がたまっている傾向にあります。そのため、代謝を促進するものをとるようにしましょう。

啓蟄

 

<食養生のポイント>

3月は、「肝」の機能を高める食材をとるようにしましょう。肝は、血液の貯蔵庫であり、体の中に栄養素を送り、老廃物を集めて取り除く、という新陳代謝のコントロール機能を担っています。また、肝は、「気」を動かす原動力ともいわれています。気が巡ることで、「血」「水」」がスムーズに巡るようになります。

肝の機能が弱まると、血液の流れや新陳代謝が滞り、めまいや不眠、情緒不安定などの症状を引き起こしてしまいます。そのため、肝の働きを助ける食材を食べることが大切です。特に、旬の山菜が持つ独特の苦み成分は、肝の機能を高め新陳代謝を促進してくれます。

肝臓と気血水

 

<3月のおすすめ食材>

●うど
うどは、体を温める作用があり、関節痛や神経痛、筋肉痛の緩和につながります。日本では、茎の部分が食べられていますが、薬効が強いのは根です。うどの根は、漢方薬では「独活(どっかつ)」と称し、古くから使われています。

うどの苦み成分であるアスパラギン酸は、新陳代謝促進や疲労回復、滋養強壮の働きがあります。また、うどの香りは、α-ピネンやβ-ピネン、サビネンなどの成分を混在したもので、「気」を巡らせ、細胞の活性化や気分の安定化の作用があります。

うど

●帆立
帆立は、「肝」の働きを補って運動機能を高めると考えられているため、滋養強壮や老化防止の作用があります。また、体を潤して「腎」を良くし、「胃」の不調を改善しお腹の調子を整える働きがあります。

帆立は、脂質が少なく、タンパク質が多いのが特徴です。帆立に含まれる代表的なタンパク質は、タウリンです。タウリンは、肝機能の強化や血中コレステロールの改善、血圧の正常化などの働きがあります。

帆立

<うどと帆立を使ったおすすめレシピ>

●うどと帆立のおすまし
-材料(2人分)-

うど 1本
2カップ
小さじ1
帆立 6個
酒(帆立用) 1/2カップ
だし汁 2カップ
大さじ1
少々
醤油 小さじ1/2
みつば 4本

うどと帆立のおすまし

●つくり方
  1. うどは、2mm程度の厚さに輪切りにして酢水にさらす
  2. 帆立をサッと洗い、水けを拭き取ったら酒をふりかける
  3. 鍋にだし汁を入れて火にかけ、沸騰したら、うど、帆立、酒を加える
  4. 3.が再沸騰したら、塩と醤油を加えて味を整える
  5. 器によそい、みつばを添えたら、出来上がり♪

 

来年のテーマは、「月々の食養生」、来月のテーマは、「4月の食養生」です。
fptop00fptop
健康管理情報 生活習慣病の予防 メンタルヘルス 健康メール相談 特定保健指導

日本成人病予防協会 〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-5-5 日本医協第2ビル TEL:03-3661-0175
> サイトマップ  > ホームページご利用にあたってのお願い  > プライバシーポリシー     Copyright© 2017 Japanese Association of Preventive Medicine for Adult Disease. All Rights Reserved.