健康管理情報

 

backnumber

 

2017年02月号 「月々の食養生 ~2月の食養生~」

2月は、立春、雨水(うすい)の2つの節気があり、厳しい寒さが続きますが、春の兆しがみられる時期でもあります。冷えから体を守るのと同時に、身体を養い、エネルギーを蓄え、春に向けて体内環境をしっかりと整えていきましょう。

立春、雨水

 

<食養生のポイント>

体を温めるものを積極的に取ると同時に、冷えによって低下しやすい「腎」の機能を補う食材を取ります。「腎」には生命力を指す「気」と、生命活動を支える「精」という、生命活動を維持するのに特に大切なものがあるとされています。「気」が不足する「気虚」の状態になると、息切れ、食欲不振、体力低下、疲れやすく風邪をひきやすい、といった不調が現れるほか、春先に飛んで来る花粉にも反応しやすくなります。

一年間を元気に過ごすためにも、栄養をしっかりと取り、2月に「腎」を補い、「気」と「精」を蓄えておくことが大切です。

腎臓 気と精

 

<2月のおすすめ食材>

●海老
海老は体を温める作用がある食材です。そのため、海老は寒い時期や冷えのある人に向いています。海老は「腎」の「気」や「精」を補う作用があるため、男女ともに性機能が低下している人、高齢者の骨粗鬆症予防・認知症の予防、成長期の子どもに勧められます。特に脳みそが食べられる有頭海老や、脳みそや殻ごと食べられる小えびは、「腎」を補う作用が強いといわれています。

海老は高たんぱく質、低脂肪でダイエット向きの食品です。海老に含まれるアスタキサンチンによるもので、強い抗酸化作用があり、悪玉コレステロールの酸化を抑えて、血管壁を保護し、視力低下を防ぐ作用などがあると報告されています。また、殻に含まれるキチン・キトサンは食物繊維の仲間で、免疫の働きを維持したり、生活習慣病を予防したりする効果が期待されています。また、身にはコレステロールを抑えるタウリンも豊富です。

海老

●にら
にらは体を温める「温性」の食材で、胃腸を温めて便通をよくします。「陽気」を補い、滋養強壮に良い食材と知られているため、冷えのある人の便秘や、高齢者、虚弱体質の人にお勧めの食材です。また、生殖機能を司る「腎」を強めるため、冷えを伴う不妊症の改善などに勧められます。

にらの香りの成分には、血流を改善して血栓ができるのを防いだり、がんを予防したりとさまざまな薬効があります。香りの成分のアリシンにはビタミンB₁の吸収を促進する働きがあり、糖質がエネルギーに変わるのを助けるため、疲労回復やスタミナ増強に役立ちます。香りの成分の多くを占めるS-メチルメタンチオスルフィネートという成分には、ピロリ菌の増殖を抑える働きなどが期待されています。また、ビタミンA、C、Eを含むため、強い抗酸化作用が期待できます。

にら

<海老とにらを使ったおすすめレシピ>

●海老にら炒め
-材料(4人分)-

海老 8~10尾
にら 1束
2個
A 酒 大さじ1
A みりん 大さじ1
A 醤油 小さじ2
A サラダ油 大さじ2

海老にら炒め

●つくり方
~下準備~
海老は殻と背ワタを取って水洗いし、2等分にする。にらは水洗いして根元を切り落とし、長さ3cmに切る。卵は溶いておく。

  1. フライパンにサラダ油大さじ1を強火で熱し、卵を一気に流し入れ、菜箸で大きく円を描くように混ぜ、半熟状態でいったん取り出しておく。
  2.  1.のフライパンに残りのサラダ油を中火で熱し、海老を炒め、海老が赤くなったらにらを加えてサッと炒め合わせる。
  3.  Aの調味料を加え、全体にからまったら1の卵を戻し入れ、サッと合わせて器に盛り付ける。

 

来年のテーマは、「月々の食養生」、来月のテーマは、「3月の食養生」です。
fptop00fptop
健康管理情報 生活習慣病の予防 メンタルヘルス 健康メール相談 特定保健指導

日本成人病予防協会 〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-5-5 日本医協第2ビル TEL:03-3661-0175
> サイトマップ  > ホームページご利用にあたってのお願い  > プライバシーポリシー     Copyright© 2017 Japanese Association of Preventive Medicine for Adult Disease. All Rights Reserved.