健康管理情報

 

backnumber

 

2017年05月号 「月々の食養生 ~5月の食養生~」

5月は、立夏と小満の二つの節気があり、気温が上がってきて過ごしやすい季節になります。しかし、新しい環境に適応できずに精神的・身体的不調をきたす五月病に悩む人も多くなる傾向にあります。この時期は、日頃からストレスを上手に発散して、血流を良くするものをとるようにしましょう。

立夏

 

<食養生のポイント>

5月は、「肝」の働きを整えて「気」の流れをスムーズにする食材をとるようにしましょう。「肝」は、体全体の「気」の流れを調整する役割を担っていますが、ストレスの影響を受けやすい傾向にあります。そのため、「肝」にストレスがたまって「気」の流れが滞ると情緒不安定、食欲不振、血行不良などの症状が現れやすくなります。

この時期は、「肝」「気」を補う食材をとることが大切です。また、「肝」を助けるためにも酸味を合わせて摂取すると良いです。

「肝」の働きを整える

 

<4月のおすすめ食材>

●キャベツ
キャベツは、五臓六腑の機能を調節する働きがあります。特に、肝臓の機能向上、消化促進、補気などの作用があります。

キャベツに含まれるビタミンUは、市販の胃腸薬の重要成分でビタミンKとともに胃・十二指腸潰瘍の予防に役立ちます。また、グルコミノレートは、肝臓内にある有害物質を分解する酵素の働きを高めて、肝臓の働きを高めてくれます。

キャベツ

●グレープフルーツ
グレープフルーツは、寒性で体を潤し、気を降ろすなどの性質があります。また、気の巡りを良くして消化促進の働きもあります。

グレープフルーツは、爽やかな酸味と柔らかな渋みが特徴です。グレープフルーツの酸味成分であるクエン酸は、肝機能の向上、疲労回復、胃腸の粘膜保護などの作用があります。また、渋み成分であるリモニンは、肝機能の強化や発がん物質の体外排出などの作用があります。

グレープフルーツ

<キャベツとグレープフルーツを使ったおすすめレシピ>

●キャベツとグレープフルーツ・オレンジのサラダ
-材料(2人分)-

グレープフルーツ 1/2個
バレンシアオレンジ 1/2個
キャベツ 3枚
少々
粗挽きブラックペッパー 少々
(A)
グレープフルーツ果汁 大さじ3
オリーブオイル 大さじ2
マヨネーズ 大さじ1

キャベツとグレープフルーツ・オレンジのサラダ

●つくり方
  1. グレープフルーツとバレンシアオレンジを食べやすい大きさにほぐす
  2. 果汁分のグレープフルーツを絞る
  3. キャベツを一口大に切り、塩をふって軽くもみ10分ほどおく
  4. (A)を混ぜ合わせる
  5. 器に盛り付け、(A)と粗挽きブラックペッパーをかけたら出来上がり♪

 

来年のテーマは、「月々の食養生」、来月のテーマは、「6月の食養生」です。
fptop00fptop
健康管理情報 生活習慣病の予防 メンタルヘルス 健康メール相談 特定保健指導

日本成人病予防協会 〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-5-5 日本医協第2ビル TEL:03-3661-0175
> サイトマップ  > ホームページご利用にあたってのお願い  > プライバシーポリシー     Copyright© 2017 Japanese Association of Preventive Medicine for Adult Disease. All Rights Reserved.