メンタルヘルスについて

メンタルヘルスとはに戻る

メンタルヘルスについて説明いたします。

navibg1 会員専用コンテンツ(ログインが必要です)

メンタルヘルスとは

メンタルヘルスとは「メンタルヘルス」とは、医学的には「精神保健」、簡単に表すと文字通り「心の健康」ということになるでしょう。精神保健の目指すべき目的は、「人々の心の健康の増進及び心の病気(不健康)の予防、そしてそれらのための、よりよい社会・環境の創造(改善)」ということになります。これは、心の健康は個人の努力のみでは限界があり、個人をとりまく社会や人間関係への配慮が不可欠であるということを意味しています。

 

心の健康

つまり、「心の健康」とは、心が病んでいないということだけではなく、個人が一生命体として成熟し生き生きとした心の状態にあり、なおかつ社会の中で快適に適応している状態をいうのです。

この場合の適応とは、その社会環境に順応しているということに加え、自らが健康な生活を営むために環境の選択を行ったり、時には環境に働きかけ、積極的に良い環境をつくろうということも含んでいます。

そのため、心の健康とはその国の文化や伝統またその時代にも深く関わっているといえるのです。

しかし、心が健康であることの絶対的な基準はないのです。

  • 心が健康な状態とはどういう状態を表すのか
  • 心の健康と重要な関係にある「ストレス」とはどういうものなのか

これらを中心に、現代の日本社会では切っても切れない「メンタルへルス」についてまとめてみました。

 

メンタルヘルスとはに戻る

 

 

fptop00fptop
健康管理情報 生活習慣病の予防 メンタルヘルス 健康メール相談 特定保健指導

日本成人病予防協会 〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-5-5 日本医協第2ビル TEL:03-3661-0175
> サイトマップ  > ホームページご利用にあたってのお願い  > プライバシーポリシー     Copyright© 2019 Japanese Association of Preventive Medicine for Adult Disease. All Rights Reserved.