糖尿病

生活習慣病の予防に戻る

糖尿病について説明いたします。

navibg1 会員専用コンテンツ(ログインが必要です)

糖尿病とは

糖尿病とは、血液中の「ブドウ糖」である「血糖」の量が多すぎることにより、血管や神経、腎臓や目など、全身のさまざまな組織や機能に障害を与える病気です。

 

糖尿病のメカニズム

糖尿病のメカニズム通常、体内に取り入れられた糖分は小腸でブドウ糖になり、肝臓に運ばれ、エネルギー源になります。このとき、膵臓のランゲルハンス島(膵臓に点々と島のように浮かぶ小組織)にあるβ細胞から、インスリンというホルモンが分泌され、ブドウ糖をエネルギー源として有効利用し、血液中のブドウ糖の量を一定に保っています。また、余ったブドウ糖をグリコーゲンという形に変え、筋肉や肝臓に蓄えたりする働きをします。

ところが、このインスリンが十分に分泌されなかったり、うまく働かなくなることがあります。そうすると、ブドウ糖をうまくエネルギー源に変えることができず、どんどん血液にあふれ出ていきます。これが糖尿病です。

 

生活習慣病の予防に戻る

 

 

fptop00fptop
健康管理情報 生活習慣病の予防 メンタルヘルス 健康メール相談 特定保健指導

日本成人病予防協会 〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-5-5 日本医協第2ビル TEL:03-3661-0175
> サイトマップ  > ホームページご利用にあたってのお願い  > プライバシーポリシー     Copyright© 2019 Japanese Association of Preventive Medicine for Adult Disease. All Rights Reserved.