脂質異常症

生活習慣病の予防に戻る

脂質異常症について説明いたします。

navibg1 会員専用コンテンツ(ログインが必要です)

脂質異常症とは

脂質異常症とは、血液中の脂質が多くなりすぎた状態のことをいいます。

2007年4月、日本動脈硬化学会は「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2007年度版」を公表し、総コレステロール値を診断基準から除外し、病名としての「高脂血症」を「脂質異常症」に変更しました。
従来のガイドラインでは、総コレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪のいずれかが基準より高いか、HDLコレステロールが基準より低い場合を「高脂血症」と呼び、治療の対象としてきました。

しかし、LDLコレステロールが高いと冠動脈疾患の発生リスクが高まることが明らかになり、総コレステロールを診断基準から除外し、LDLコレステロール値とHDLコレステロール値がそれぞれ設置されました。診断基準のいずれかに該当した場合、脂質異常症と診断されます。

-脂質異常症の診断基準(空腹時採血)-

高LDLコレステロール血症 LDLコレステロール 140mg/dl 以上
低HDLコレステロール血症 HDLコレステロール 40mg/dl 未満
高トリグリセリド血症
(高中性脂肪)
トリグリセリド
(中性脂肪)
150mg/dl 以上

この診断基準は薬物療法の開始基準を表記しているものではない。

薬物療法の適応に関しては他の危険因子も勘案し決定されるべきである。
LDL-C値は直接測定法を用いるかFriedewaidの式で計算する。
[LDL-C]=[総コレステロール(TC)]-[HDL-C]-[トリグリセライド]×1/5(TG値が400mg/dL未満の場合)
TG値が400mg/dl以上の場合は直接測定法にてLDL-C値を測定する。

日本動脈硬化学会:動脈硬化性疾患予防ガイドライン2007年版 より
 
【Q.】

血液中の脂質に異常があると、なぜ良くないのでしょう?
【A.】

血液中の脂質が多くなりすぎた状態が続くと血管に異変が起こり、心疾患や脳血管疾患の原因となる動脈硬化を引き起こします。動脈硬化を引き起こす原因は、ほかにもありますが、特に脂質異常症と動脈硬化は密接にかかわり合っています。
-体内のコレステロールの動き-
体内のコレステロールの働き
LDLコレステロールは、肝臓でつくられたコレステロールを体内の細胞に運ぶ役目をしますが、血液中に増えすぎると血管壁に蓄積して動脈硬化を引き起こす原因になります。
一方、HDLコレステロールは各部位の細胞で使いきれずに余ったコレステロールや血管壁に蓄積したコレステロールを回収して肝臓に運びます。
LDLコレステロールが多すぎたり、HDLコレステロールが少ないとバランスが崩れ、組織中にコレステロールが貯まってしまいます。ですから、血液中のLDLコレステロールとHDLコレステロールのバランスが問題となるのです。

 

生活習慣病の予防に戻る

 

 

fptop00fptop
健康管理情報 生活習慣病の予防 メンタルヘルス 健康メール相談 特定保健指導

日本成人病予防協会 〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-5-5 日本医協第2ビル TEL:03-3661-0175
> サイトマップ  > ホームページご利用にあたってのお願い  > プライバシーポリシー     Copyright© 2019 Japanese Association of Preventive Medicine for Adult Disease. All Rights Reserved.