高血圧

生活習慣病の予防に戻る

高血圧について説明いたします。

navibg1 会員専用コンテンツ(ログインが必要です)

高血圧とは

血液は心臓を中心として絶えず体内を循環しています。体の隅々にまで血液を送るには血液に圧力をかけて送り出す必要があり、この血液循環に必要な血液の圧力が「血圧」で、血管の中を流れる血液の勢いが動脈の壁に与える圧力を指します。血圧には2種類あります。

 
収縮期血圧(最高血圧)

心臓が全身に血液を送り出すために収縮した時の血圧。

 
拡張期血圧(最低血圧)
全身から戻った血液が心臓にたまり、心臓が拡張している時の血圧。
 
収縮期血圧(最高血圧)と拡張期血圧(最低血圧)
 

高血圧というのは、血圧が高いという1つの症状です。たまたま測った血圧が高い時には血圧が高いといえますが、「高血圧症」とはいい切れません。高血圧症とは、繰り返して測っても血圧が正常より高い場合をいいます。

 
血圧の分類
日本高血圧学会「高血圧治療ガイドライン2009」より作成

 

生活習慣病の予防に戻る

 

 

fptop00fptop
健康管理情報 生活習慣病の予防 メンタルヘルス 健康メール相談 特定保健指導

日本成人病予防協会 〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-5-5 日本医協第2ビル TEL:03-3661-0175
> サイトマップ  > ホームページご利用にあたってのお願い  > プライバシーポリシー     Copyright© 2019 Japanese Association of Preventive Medicine for Adult Disease. All Rights Reserved.