脳血管疾患③ 脳梗塞

生活習慣病の予防に戻る

脳梗塞について説明いたします。

navibg1 会員専用コンテンツ(ログインが必要です)

脳血管疾患とは

脳血管疾患による平成23年の死亡数は、12万3867人で死亡総数の9.9%を占め、死因順位は第4位となっています。

-脳血管疾患の死亡率の推移-
脳血管疾患の死亡率の推移

死亡率は、昭和23年には117.9であったものが、35年に160.7、45年には175.8と上昇を続けた後、低下に転じ、平成元年以降は100を下回っていましたが、ICD-10(世界保健機構(WHO)の設定した、国際疾病分類の第10版)の適用等により死亡数が変化し、一度は上昇するものの、その後は医学技術の進歩によって、緩やかに低下し、平成23年は98.2となっています。

 

脳血管疾患とは、脳の血管のトラブルによって脳細胞が障害を受ける病気の総称です。主なものには、脳内の血管が破れる「脳内出血」、脳を覆っている軟膜とその上のくも膜の間で出血する「くも膜下出血」、血管が詰まる「脳梗塞」がありますが、これらをまとめて脳卒中といいます。

「卒中」とは「卒然として邪風に中-あた-る(突然、悪い風にあたって倒れる)」という意味です。脳卒中はある日突然起こるため恐ろしいのですが、前兆が全くないわけではないのです。

-脳血管疾患の種類-
脳血管疾患の種類
脳内出血 くも膜下出血 脳梗塞 

 

脳梗塞とは

脳の動脈の内腔が血液の固まり-血栓-によってつまり、そこから先に血液が流れなくなるものです。血液の流れのなくなった部分の脳は、酸素や栄養素が不足し、脳細胞が壊死に陥ります。これを「梗塞」と言います。
脳梗塞には血栓の生じ方により以下のように分けられます。

 
(1) 脳血栓・・・徐々に進行します。

動脈硬化で狭くなった脳動脈が徐々にふさがって詰まります。
脳の深部の細い動脈(15mm以下。多いのは数mmから5mm程度。)が高血圧によって詰まるラクナ梗塞と、太い脳動脈が動脈硬化により狭くなった血管の内腔が血栓で詰まるアテローム血栓性梗塞があります。

ラクナ梗塞は、日本人に一番多い脳梗塞ですが、脳梗塞の中では比較的軽傷で、後遺症が殆ど残らないこともあります。発症する時間帯は、特に睡眠中に多いのが特徴です。

アテローム血栓性梗塞は、現在、増加傾向にあります。発症する時間帯は、特に睡眠中に多いのが特徴です。

ラクナ梗塞とアテローム血栓性梗塞

 
(2) 脳塞栓・・・突然発症します。

心原性脳塞栓症脳以外の部位に発生した血栓(例えば、不整脈などが原因で心臓にできてはがれた血栓-心原性脳梗塞-)が脳動脈に流れ込んで詰まり、突然発症して、麻痺や意識不明となります。

脳梗塞の中では、心臓病が原因で起こる「心原性脳塞栓症」が全体の3割程度を占めています。「心原性脳塞栓症」は太い血管に血栓が詰まるため、他の脳梗塞と比較して症状が重く、死亡率が高いのが特徴です。

日中、活動時に起こることが多いのが特徴です。

また、心原性脳塞栓症では、原因となる不整脈などがある場合には年齢に関係なく、若い世代でも発症します。

 
脳梗塞

 

生活習慣病の予防に戻る

 

 

fptop00fptop
健康管理情報 生活習慣病の予防 メンタルヘルス 健康メール相談 特定保健指導

日本成人病予防協会 〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-5-5 日本医協第2ビル TEL:03-3661-0175
> サイトマップ  > ホームページご利用にあたってのお願い  > プライバシーポリシー     Copyright© 2019 Japanese Association of Preventive Medicine for Adult Disease. All Rights Reserved.