がん概要

生活習慣病の予防に戻る

がん概要について説明いたします。

navibg1 会員専用コンテンツ(ログインが必要です)

がんが発生するメカニズムは次第に解明されてきています。 いくつかの要素が絡み合ってがんが発生すると考えられています。

 

(1)遺伝子

もとは正常である細胞の中に、がん細胞の増殖を促進させるがん遺伝子とがん細胞の増殖を抑制するがん抑制遺伝子がすでに潜んでいて、これに外部からの刺激や環境因子が加わり、がんが発生すると考えられています。

 
がん遺伝子 細胞の増殖に関係していて、傷ついて異常を起こすとがん細胞の増殖を促進する遺伝子です。
がん抑制遺伝子 細胞の増殖を抑制したり、細胞のDNAに生じた傷を修復したりする働きがあります。

 

(2)環境要因

遺伝子の要因に以下のような環境要因が加わり、がん発生を促していると考えられています。発がん物質・ウイルス感染・放射線照射・紫外線が挙げられます。

 
①発がん物質 ある種の化学物質を長期的に摂取すると、がんが発生しやすいことが確認されています。そのような物質を発がん物質といいます。たばこ、食品添加物、大気汚染物質、排気ガスなどが発がん物質として注意を促されています。
②ウイルス・細菌感染 ウイルスや細菌感染と発がんの関係は深いと考えられています。B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスと肝臓がん、ヒトパピローマウイルスと子宮頸がん、ヘリコバクター・ピロリ菌と胃がんなどは関わりがあるとされています。
③放射線照射 大量の放射線照射、少量の放射線の長期照射が、皮膚がんや白血病の引き金となることが確認されています。
④紫外線 紫外線を浴びることにより皮膚がんを引き起こす確率が高くなります。オゾン層の破壊により注目されている要因です。

 

生活習慣病の予防に戻る

 

 

fptop00fptop
健康管理情報 生活習慣病の予防 メンタルヘルス 健康メール相談 特定保健指導

日本成人病予防協会 〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-5-5 日本医協第2ビル TEL:03-3661-0175
> サイトマップ  > ホームページご利用にあたってのお願い  > プライバシーポリシー     Copyright© 2019 Japanese Association of Preventive Medicine for Adult Disease. All Rights Reserved.