肺がん

生活習慣病の予防に戻る

肺がんについて説明いたします。

navibg1 会員専用コンテンツ(ログインが必要です)

肺がんとは

肺がんは現在、世界で最も患者数が多いがんであり、日本においても1994年以来、肺がんが胃がんを抜いて、がんの部位別死亡率の1位となっています。

肺は、口や鼻から吸った空気中の酸素を体内に取り入れる働きを持つ臓器です。肺がんは、このような呼吸にかかわる気管支や肺の組織にできたがんで、肺の正常な細胞が傷つき、がん細胞に変化する病気です。

肺がんは、発生する部位によって、肺の入り口近くの気管や太い気管支にできる「肺門部(中心型)肺がん」と、肺の奥の細い気管支や肺胞にできる「肺野部(末梢型)肺がん」に分けられます。

さらに、がん細胞の形態や並び方の違いによって、主に「扁平上皮がん」「小細胞がん」「腺がん」「大細胞がん」の4つに大きく分けることができます。

肺門部(中心型)肺がんに多いのが扁平上皮がんと小細胞がんです。
肺野部(末梢型)肺がんに多いのが腺がんと大細胞がんです。

このうち、小細胞がんは、ほかの扁平上皮がん、腺がん、大細胞がんと比較すると、がん細胞の増殖のスピードが速く、ほかの臓器にがん転移がしやすい一方で、抗がん剤が比較的効きやすいのが特徴です。

そのため、肺がんは、小細胞肺がんとそれ以外の非小細胞肺がん(扁平上皮がん、腺がん、大細胞がん)に分けて、治療計画が立てられます。

-肺がんの種類と発生部位-
肺がんの種類

 

生活習慣病の予防に戻る

 

 

fptop00fptop
健康管理情報 生活習慣病の予防 メンタルヘルス 健康メール相談 特定保健指導

日本成人病予防協会 〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-5-5 日本医協第2ビル TEL:03-3661-0175
> サイトマップ  > ホームページご利用にあたってのお願い  > プライバシーポリシー     Copyright© 2019 Japanese Association of Preventive Medicine for Adult Disease. All Rights Reserved.