膵臓がん

生活習慣病の予防に戻る

膵臓がんについて説明いたします。

navibg1 会員専用コンテンツ(ログインが必要です)

膵臓がんとは

膵臓は長さ20cmほどの臓器で、胃の後ろ側に位置しており、膵液という消化液を分泌(外分泌)する働きと血糖をコントロールするインスリンなどのホルモンを分泌(内分泌)する働きがあります。膵臓がんの90%以上は、外分泌の働きを持つ細胞、特に膵液が流れる管である膵管の細胞から発生する膵管がんです。
-膵臓の構造-
膵臓の構造
膵臓は体の中心にあり、胃や小腸、大腸、肝臓、胆のう、脾臓などに囲まれているため、がんが発生しても発見するのが非常に困難です。その上、原因がはっきりせず、初期症状の特徴もありません。このような理由から、早期発見ということはほとんどなく、膵臓がんと分かった時にはすでに治すのが難しい状態まで進行していることが少なくありません。

 

生活習慣病の予防に戻る

 

 

fptop00fptop
健康管理情報 生活習慣病の予防 メンタルヘルス 健康メール相談 特定保健指導

日本成人病予防協会 〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-5-5 日本医協第2ビル TEL:03-3661-0175
> サイトマップ  > ホームページご利用にあたってのお願い  > プライバシーポリシー     Copyright© 2019 Japanese Association of Preventive Medicine for Adult Disease. All Rights Reserved.