第66回 健康学習セミナー <大阪> 開催中止

当セミナーは、新型コロナウイルス対策のため開催中止となりました

開催要項

Information

セミナー・講座名 第66回 健康学習セミナー <大阪> 開催中止
当セミナーは、新型コロナウイルス対策のため開催中止となりました
取得数 1単位  (については、こちらをご覧ください。)
1P  (については、こちらをご覧ください。)
この講演で
学べること
  • 腸内細菌や免疫についての基本
  • 腸内環境を整えるための生活習慣のポイントや最新の情報
  • 歯科医師から学ぶ睡眠時無呼吸症候群
受講料

1,100円 (税込)  一般の方は、1,650円(税込)

10P

健康管理士の方のみポイント制度利用が可能です。

ポイントと現金払いの合算はできません。

ポイントは申込した時点で使用済みとなり、キャンセルした場合も返還できません。

開催日 2020年03月29日(日)
時間 14:00~16:30
会場
会場名:
大阪私学会館 4F講堂
住所:
大阪市都島区綱島町6-20
定員 250名 <先着順>
講師
梅本 英司(うめもと えいじ) 先生

梅本 英司(うめもと えいじ) 先生

<講師肩書・役職>
大阪大学医学系研究科免疫制御学教室准教授/大阪大学免疫学フロンティア研究センター准教授(兼任)
<プロフィール>
京都大学理学部卒業後、大阪大学大学院医学系研究科にて博士号を取得。同助教を経て、2012年より現職。主に腸管免疫や腸内細菌の研究を行っている。
主催 日本成人病予防協会
概要

当セミナーは、新型コロナウイルス対策のため開催中止となりました。

今回のセミナーでは、腸内細菌や免疫についての基本事項をはじめ、腸内環境を整えるための生活習慣のポイントや最新の情報を交えてお話いただきます。

私たちの体は数十兆個の細胞でできていますが、腸内にはその十倍近くの細菌がいると言われ、日々摂取する食べ物からさまざまな代謝物をつくり出しています。
また、腸は“第二の脳”とも呼ばれるほど重要な臓器であり、体内で最も免疫細胞が多く、腸内環境の乱れが、便の不調や大腸がんをはじめとした腸管関連疾患だけでなく、全身の様々な疾患の発症へも繋がると考えられています。また、腸内細菌が小腸にある免疫細胞「マクロファージ」を活性化し、病原体を排除する仕組みも解明されており、腸内環境を良い状態に保つことは健康を維持するうえで大切な要素です。

健康のために欠かせない腸内環境の大切さを理解して、健康できれいな心と体を手に入れましょう!

第二部は、大阪歯科大学医療保健学部口腔保健学科元根正晴教授に「睡眠時無呼吸症候群の医療における医科歯科連携」と題してご講演いただきます。

当セミナーの申込受付は
終了いたしました。

当日のスケジュール

schedule

受付開始 13:30~

ご挨拶  14:00~14:05

第1部 14:05~15:30

講演:「お腹の中の妙なる調和~腸内細菌と免疫の関係~」

講師:大阪大学医学系研究科免疫制御学教室准教授/大阪大学免疫学フロンティア研究センター准教授(兼任) 梅本 英司(うめもと えいじ)先生

大阪大学医学系研究科免疫制御学教室准教授/大阪大学免疫学フロンティア研究センター准教授(兼任)の梅本英司先生をお招きし、「お腹の中の妙なる調和~腸内細菌と免疫の関係~」と題してご講演いただきます。

休憩  15:30~15:45

第2部 15:45~16:25

「睡眠時無呼吸症候群の医療における医科歯科連携」

講師:大阪歯科大学医療保健学部口腔保健学科教授、健康管理士一般指導員/元根 正晴(もとね まさはる)氏

睡眠時無呼吸症候群とは、一時間当たり10秒以上の気流停止が一時間当たり5回以上あることをいいます。放置すると高血圧、不整脈、心不全、うつ病、不眠症などの全身疾患を合併しやすい疾患のため早期発見・早期治療が必要であり、全身疾患を合併しやすい疾患のため、多数の診療科が関わっての多職種連携が求められています。今回は、医科歯科の観点から最新治療法や日常生活のポイントについて、睡眠時無呼吸症候群の基本的事項なども交えてお話いただきます。

過去の講座一覧