第55回 健康学習セミナー 「正しく知ろう!アレルギー最前線 ~発症のしくみと薬のはたらき~」 in 仙台 New

 開催要項

健康学習セミナー写真 健康学習セミナー写真

 

取得数
単位 :1単位 J-POINT :1P 健康管理士の方のみポイント制度利用が可能です。)
J-POINTについては、こちらをご覧ください。)
この講演で
学べること
  • アレルギーが起こるメカニズムや、花粉症などの代表的なアレルギー疾患と薬の働き
  • アレルギーを軽減するためのポイント
  • 飲む点滴“甘酒”の活用法
日時 平成30年8月18日(土) 14:00~16:30
会場 仙都会館 8階会議室 (仙台市青葉区中央2-2-10
定員 100名 <先着順> 受付を締切ました
主催 日本成人病予防協会
受講料 ●健康管理士一般指導員 / 日本医協学院 受講生・修了生・・・1,000円(税込)
●一般・・・1,500円(税込)

J-POINT :10P でも参加可能です

ポイントと現金払いの合算はできません。

 

第1部では、東北大学大学院薬学研究科教授の平澤典保先生に、「正しく知ろう!アレルギー最前線 ~発症のしくみと薬のはたらき~」と題していただきました。身近な花粉症をテーマに、アレルギーの発症の仕組みから、薬の働きや副作用、わかりやすくお話いただきました。

第2部では、「夏バテ予防・美肌対策だけじゃない!~甘酒健康活用術~」と題し、飲む点滴とも言われている、甘酒の種類や、上手な飲み方や調味料としての使い方など具体的な実践方を学ぶことができました。

 

当日のスケジュール

ご挨拶
14:00~14:05
日本成人病予防協会 事務局 参与 前山 雄次
第1部

14:05~15:30

講演: 「正しく知ろう!アレルギー最前線 ~発症のしくみと薬のはたらき~
講師: 東北大学大学院薬学研究科 教授 平澤 典保 先生

年々増加するアレルギー疾患にお悩みの方も多いのではないでしょうか。
代表的な花粉症は、スギやヒノキが原因となるため春の時期に多くみられますが、現在では、夏や秋の植物でも症状がみられ、ほぼ年間を通して花粉が飛散しています。
なぜ、私たちはアレルギーになるのでしょうか。アレルギーが起こるメカニズムや、花粉症などの代表的なアレルギー疾患と薬の働き、アレルギーを軽減するためのポイントなど、最新の情報も交えてお話いただきました。

講演の主な内容

  1. 病気の要因
  2. 花粉症がおきる仕組み
  3. 薬の効き方
  4. 注意すべき副作用
  5. 対策と薬剤師の重要性

など

健康学習セミナー写真

健康学習セミナー写真 健康学習セミナー写真

講演中の様子

健康学習セミナー写真

講演中の 平澤 典保 先生

講師 平澤 典保 先生
<プロフィール>
講師写真1960年生まれ。1982年東北大学薬学部卒業。薬学博士。東北大学薬学部生化学講座助手、米国 NIH, NHLBI、NIH 奨励研究員、東北大学薬学部生化学講座講師、助教授を経て、2008年より東北大学大学院薬学研究科 生活習慣病治療薬学分野教授。専門は主としてアレルギー炎症の誘発機構、治療薬の研究
休憩 15:30~15:45
第2部 15:45~16:25

講演: 「夏バテ予防・美肌対策だけじゃない! ~甘酒健康活用術~」
講師: 宮城県健康管理士会理事 健康管理士一般指導員/佐藤 はるみ 氏

講師写真

第二部では、日本で古くから受け継がれてきた「甘酒」をテーマに、甘酒の健康効果や上手な飲み方や調味料としての使い方についてお話いただきました。

 

 

健康学習セミナー写真

講演中の 佐藤 はるみ 氏

健康学習セミナー写真

講演中の様子

 

健康学習セミナー写真 健康学習セミナー写真

 

今後の予定

これから全国でセミナーを開催する予定です。
セミナー開催のお知らせは、健康管理士ニュース、ホームページで告知いたします。

 

過去に行われたセミナー

過去に行われた健康学習セミナーの一覧です。

 

問い合わせお申込み

健康学習セミナーに関するお問い合わせ・お申し込みはお問い合わせページからお手続きください。

 

「健康学習セミナー」に関するお問い合わせ

「健康学習セミナー」のお申込み

 

 

fptop00fptop
健康管理情報 生活習慣病の予防 メンタルヘルス 健康メール相談 特定保健指導

日本成人病予防協会 〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-5-5 日本医協第2ビル TEL:03-3661-0175
> サイトマップ  > ホームページご利用にあたってのお願い  > プライバシーポリシー     Copyright© 2018 Japanese Association of Preventive Medicine for Adult Disease. All Rights Reserved.