第49回 能力開発講座 「日本舞踊に学ぶ!美しく健康になるための体の動かし方」 in 東京

テーマ

「日本舞踊に学ぶ!美しく健康になるための体の動かし方」
in 東京

内容 日本舞踊の舞台やNHK紅白歌合戦等での振付をはじめ、幅広くご活躍されている花柳輔蔵先生をお招きし、「日本舞踊に学ぶ!美しく健康になるための体の動かし方」と題してご指導いただきます。

日本舞踊日本舞踊とは、日本の伝統的なダンスである能から伝わる「舞(まい)」と歌舞伎から伝わる「踊(おどり)」の2つの体の動きを合わせた伝統的な踊りの総称です。日本人に合った動作が多く取り入れられ、無駄な動きがなく、負担をあまりかけずに体を動かすことができます。

日本舞踊の基本姿勢では、常に「丹田」を意識します。丹田は体の軸となる中心点であり、そこを意識しながら体を動かすことで、腹筋や背筋、体の奥の筋肉にまで刺激を与えるため、体幹を鍛えることにつながります。姿勢がよくなると、肩や腰、膝への負担軽減をもたらすほか、内臓も正しい位置になり、腸の働きの改善や基礎代謝のアップにもつながります。また、日本舞踊は、様々な動作をイメージしながら頭から手足の指先まで全身の神経を意識して動かすため、脳がフル稼働し、脳の活性にもつながります。さらに、全身を丁寧に動かすことにより、心もゆったり落ち着きストレス解消にも効果があります。

この日本舞踊の動きは、厚生労働省「健康日本21」の中でも「安全で、楽しく、かつ運動効果が期待できるレクレーション活動」の一つとして挙げられており、健康と深い関わりがあります。日本の素晴らしい文化に触れながら、健康維持につながる、美しい立ち振る舞い、所作を身に付けましょう。

講師 花柳 輔蔵 先生
<プロフィール>
花柳 輔 蔵先生幼少より日本舞踊を祖母花柳輔喜久の下修行し、平成10年に花柳流三世宗家家元より曽祖父の名跡花柳輔蔵を許され、その後、平成20年に千代田区平河町に稽古場を設立。現在、花柳流花柳会本部役員、公益社団法人日本舞踊協会会員、東京都芸団協キッズ伝統芸能体験講師、東京都立芸術高等学校講師。平成26年に日本舞踊協会主催新春舞踊大会で会長賞を受賞。その他、NHK紅白歌合戦などのメディアの出演、振付も手がける。平成27年より、本名三宅祐輔で役者も始める。劇団うらら主宰。その他の現代劇、商業演劇の舞台に出演している。
日程 平成29年2月5日(日)
時間 13:30~16:30 (受付開始13:00)
会場 DAYS赤坂見附
(地図はリンク先でご確認ください。)
港区赤坂3-9-1 紀陽ビル
定員 30名 <先着順>
費用 受講料:4,320円(税込)
持ち物 靴下をご持参ください。
対象 健康管理士一般指導員
※今回は、健康管理士一般指導員の方のみを対象とした講座です。
この講演で
学べること
  • 体に負担のかからない正しい姿勢が身に付けられる
  • 脳の活性法&ストレス解消法
  • 日本の素晴らしい文化に触れられる
申込方法 (1) ホームページ

専用申込フォームはこちら。

(2) 電話

下記番号まで、お名前・ご連絡先お電話番号(日中連絡先)・健康管理士番号をご連絡ください。

連絡先:日本成人病予防協会 担当・白井  TEL:03-3661‐0175

(3) 郵送

健康管理士一般指導員に発行している「健康管理士ニュース」に載っている申込書を郵送ください。

送り先:103-0004
東京都中央区東日本橋3-5-5 日本医協第2ビル
日本成人病予防協会 宛

(4) FAX

健康管理士一般指導員に発行している「健康管理士ニュース」に載っている申込書をFAXください。

送信先:日本成人病予防協会  FAX:03-3669-4733

※ご参加いただける方には後日詳細をお送りします。

申込締切 1.定員30名 ※<先着順>

2.ご参加の皆様には、「参加のご案内」(受講料振込口座、会議室地図等記載)を郵送いたします。
※定員外の方につきましては、ご連絡を差し上げます。

問い合わせ先 TEL: 03-3661-0175
NPO法人 日本成人病予防協会 白井

fptop00fptop
健康管理情報 生活習慣病の予防 メンタルヘルス 健康メール相談 特定保健指導

日本成人病予防協会 〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-5-5 日本医協第2ビル TEL:03-3661-0175
> サイトマップ  > ホームページご利用にあたってのお願い  > プライバシーポリシー     Copyright© 2017 Japanese Association of Preventive Medicine for Adult Disease. All Rights Reserved.