第50回 能力開発講座 <大阪>

「身近な食材でつくる薬膳料理」

開催要項

Information

セミナー・講座名 第50回 能力開発講座 <大阪>
「身近な食材でつくる薬膳料理」
取得数 3単位  (については、こちらをご覧ください。)
3P  (については、こちらをご覧ください。)
この講座で
学べること
  • 日常生活での薬膳料理の取り入れ方
  • 「ハーブの女王”よもぎ”」のパワー
  • 薬膳料理体験「よもぎのパウンドケーキ」「よもぎ羊羹」「よもぎ茶」の試食、試飲
対象 健康管理士
受講料

5,400円 (税込) +食材費:540円 合計5,940円(税込)

50P

ポイントと現金払いの合算はできません。

ポイントは申込した時点で使用済みとなり、キャンセルした場合も返還できません。

持ち物

受講票、筆記用具、エプロン、手ふき1枚

開催日 2017年04月22日(土)
時間 13:00~17:00 (受付開始12:30~)
会場
会場名:
Tree room
住所:
大阪市西区新町2-17-10 ニュー新町ビル2階
定員 30名
講師
渡部 美智余 先生

渡部 美智余 先生

<プロフィール>
健康管理士一般指導員、全日本薬膳食医情報協会理事、「朝日さわやかクッキング・教室」代表。地方自治体、各種企業、県漁連から講演・調理講師のオファー多数。料理だけでなく、中医学講座や漢方経絡トリートメントも行う。 薬膳と出会ってから体重が20kg減。「生活習慣病、認知症になる方を1人でも減らしたい」をモットーに幅広く活躍中。料理コンテストでの受賞歴多数。「世界を驚かそう!コメ・米粉レシピコンテスト」では最優秀賞の自民党総裁賞を「第4回兵庫の食材を使った健康料理コンクール」では、知事賞を受賞。震災の被災地を訪問し復興活動に協力するボランティア活動も積極的に行っている。現在、兵庫県のフードセレクション審査委員、食の安全安心と食育審議会委員を務めている。
概要 “薬膳”とは、何千年もの歴史をもつ中国の医学(中医学)をもとにした健康や美を保つための食事法のことで、体質や季節に合った食材を使った食事を薬膳料理といいます。身近な食材であっても、体質や季節に合わせて食材を選ぶことで、自宅でも簡単に薬膳料理を作ることができます。 「よもぎを摘んで草餅や草団子を作った」という経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか…。 よもぎは、全国各地の山野や草原だけでなく、日当りのよい道路の片隅でも簡単に見つけられるとてもなじみのある野草の一つです。「ハーブの女王」とも言われ、漢方の世界では、「艾葉(がいよう)」と呼ばれ、疲労回復・造血作用のある薬草として使用されるなど、健康効果は高く、日本でも古くから身近なものとして親しまれています。また、食すだけに留まらずお灸やにも使われています。 今回の講座では、春が旬である「よもぎ」をテーマに、身近な食材を利用した薬膳料理について、春の季節病でもある「花粉症対策」を始めとした薬効や、健康や美容、病気予防につながる薬膳料理などを学ぶことができました。 また、講座の中でよもぎを使った「パウンドケーキ」「羊羹」「お茶」の試食・試飲も楽しむことができました。

当セミナーの申込受付は
終了いたしました。

当日のスケジュール

schedule

講座内容

1.よもぎとは

講座写真 講座写真

2.よもぎのパウンドケーキ、よもぎ羊羹づくりのデモンストレーション

170422_11 170422_12

3.試食

講座写真 講座写真

4.体質に合わせた、身近な食材の取り入れ方

講座写真 講座写真

講座感想

関西地区を中心に、関東など遠方にお住まいの方にもご参加いただきました。
今が旬である、よもぎを使った二種類のパウンドケーキ、羊羹、お茶の試食や試飲を通して薬膳料理を体験していただきました。講義の中では、受講生の方々のお体の悩みに沿って、改善につながる薬膳料理の取り入れ方やストレッチ法についてもお話しいただきました。
笑いあり、終始とても和やかな雰囲気でした。グループごとでの作業もあり、受講生の皆さまが積極的に参加され交流されている姿がとても印象的でした。

講座写真 講座写真

過去の講座一覧